Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space Source and version Master

...

Sv translation
languageja_JP

KPI ダッシュボードでは、次のような操作ができます。

  • 主要業績評価指標 (KPI) を作成し、構成する。
    KPI はワークスペースで使用できるメトリックです。
  • Analytical Designerからインサイトを追加します Designerからインサイトを追加します (Create an Insight with Analytical Designer を参照)。
    インサイトを追加するには、Analytical Designerを有効にする必要があります。Analytical Designerをお持ちでない場合には、Designerを有効にする必要があります。 Analytical Designer をお持ちでない方は、
    External link
    Hrefhttps://support.gooddata.com/home
    TextGoodData サポートSupport
    までご連絡ください。 へご連絡ください
  • ダッシュボード全体とすべてのビューアに、日付フィルターと属性フィルターをセットアップします。
    「 ダッシュボード日付フィルターとインサイト日付フィルターの連携」も参照してください。 
Note

KPI ダッシュボードは、必要に応じて無制限に追加できますが、ダッシュボードを定期的に見直して、ユーザーに関係があるものだけを残すようにします。

コンテンツ:

Table of Contents
maxLevel2

KPI ダッシュボードを作成する

  1. プロジェクトツールバーで プロジェクトツールバーで、[ KPI] をクリックします。
  2. [ダッシュボードを追加] をクリックします。
  3. ダッシュボード領域に [KPI] アイテムをドラッグアンドドロップします。
  4. 右側のペインで、表示する測定値を選択します。
    測定値は分析するデータを表すものです。
    kpi01.png
  5. さまざまな属性でフィルターするには、[次によりフィルター] セクションのオプションを選択します。
    オプションが使用可能かどうかは、プロジェクトのデータセットによって異なります。
  6. 前年同期でデータを比較するには、[比較] ドロップダウンからオプションを選択します。
    また、結果のパーセントの表示色を赤また緑で選択できます。
  7. ユーザーが KPI をクリックしたときに標準ダッシュボードを開くようにするには、右側の [ダッシュボードにドリル] セクションでダッシュボードを選択します。

    Tip

    埋め込みモードでこのオプションを非表示にしたい場合はGoodDataカスタマーサポートにご連絡ください。埋め込みモードでこのオプションを隠したい場合、GoodData カスタマーサポート. へご連絡ください。

  8. 個々のKPIにアラートを追加します。
    詳細については、詳細については、 Add an Alert to a KPIを参照してください。
  9. インサイトをダッシュボードにドラッグアンドドロップします。
    自身が作成したインサイト、または共有されたインサイトを追加できます。

    Tip

    詳細については、Create an Insight with Analytical Designerを参照してください。

    インサイトは、必要に応じて無制限に追加できます。KPIとインサイトの数を16未満にして、レポート計算の遅れを避けることを推奨します。インサイトは、必要に応じて無制限に追加できます。 KPIとインサイトの数を16未満にして、レポート計算の遅れを避けることを推奨します。

  10. 日付フィルターをセットアップするには、トップバーで [日付範囲] ドロップダウンをクリックして、フィルター期間を選択します。
    この日付フィルターは、ダッシュボードのすべてのKPIとインサイトに適用されます。

  11. 属性フィルターを追加するには、上部のフィルターバーに [属性フィルター] をドロップダウンします。
    この属性フィルターは、ダッシュボードのすべてのKPIとインサイトに適用されます。
  12. ダッシュボードに名前を付けるには、上部の[無題] をクリックし、名前を入力します。
    後でダッシュボード名を変更するには、後でダッシュボード名を変更するには、 Rename a KPI Dashboardを参照してください。

  13. [保存して公開] をクリックします。

KPIダッシュボードが保存され、ダッシュボードリストに表示されます。ダッシュボードがプロジェクトユーザー全員に表示されるようになります。KPIダッシュボードが保存され、ダッシュボードリストに表示されます。 ダッシュボードがプロジェクトユーザー全員に表示されるようになります。

KPIダッシュボードを編集する

詳細については、次のトピックを参照してください。

KPIダッシュボードを削除する

詳細については、Delete a KPI Dashboardを参照してください。

KPIダッシュボードを埋め込む

詳細については、Embed a KPI Dashboardを参照してください。

KPIダッシュボードの例

例 1

KPIを作成して、今月(2017年9月)に創出された商談数を表示し、先月(2017年8月)に創出された商談数比較します。

  1. KPI を ダッシュボードにKPIをドラッグアンドドロップします。 へドラッグ&ドロップします。
  2. KPIで商談数の測定値を選択します。
  3. 商談創出日でフィルターします。
  4. [次と比較] → [前期間] を選択します。
  5. 日付フィルターを [今月] に設定します。
Note

前期間全体との比較は常に行われます。KPI

ダッシュボードを2017年10月21日に見ている場合、KPI値は2017年10月(1日から21日まで)に対して計算され、2017年9月(1日から30日まで)について計算された値と比較されます。2017 年 10 月 21 日に KPI ダッシュボードを表示している場合、2017 年 10 月(1 日から 21 日まで)の KPI 値を算出し、2017 年 9 月(1 日から 30 日まで)の値と比較します。

例 2

KPIを測定して、前四半期(2017年7月1日~2017年9月30日)に成約した商談数を表示し、前年同期(2016年7月1日~2016年9月30日)に成約した商談数と比較します。

  1. ダッシュボードにKPIをドラッグアンドドロップします。
  2. KPIで商談数を選択します。
  3. 商談成約日でフィルターします。
  4. [次と比較] → [前年] を選択します。
  5. 日付フィルターを前四半期に設定します。

ダッシュボード日付フィルターとインサイト日付フィルターの連携

インサイトをKPIダッシュボードに追加している場合、ダッシュボード日付フィルターでフィルターされます。インサイトには、独自の日付フィルターを含めることもできます インサイトをKPIダッシュボードに追加している場合、ダッシュボード日付フィルターでフィルターされます。 インサイトには、独自の日付フィルターを含めることもできます (Create an Insight with Analytical Designerを参照)。

インサイトフィルターを無効にするには、右側ペインの [日付でフィルター] オプションの選択を解除します。

KPIダッシュボードフィルターインサイトフィルター使用するもの
××日付フィルターなし
×インサイト日付フィルター
×ダッシュボード日付フィルター

ダッシュボード日付フィルター

同じ日付ディメンションを両方で使用する場合。

ダッシュボードとインサイトの両方の日付フィルター (AND 演算子)

異なる日付ディメンションを使用する場合。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

...